海水浴療法でアトピーは本当に治るのか?
海水浴をすることでアトピー性皮膚炎が改善するという話があります。
実際に海水浴を進めているサイトもあれば、ツアーもあります。
治るまで1週間の合宿なんてのもありますね。

アトピー性皮膚炎に海水浴、本当に効くのでしょうか?


アトピー性皮膚炎の理屈が


1.スキンバリアの損傷(遺伝的に、あるいは物理的に)

2.アレルゲンや刺激物の侵入

3.掻痒感からのかきむしり行動

4.皮膚のさらなる破壊と免疫状態のアレルギー方向への変化

5.皮膚の慢性の炎症でわけわからない状態が持続


そういうプロセスを経て発生するものだと考えれば、
海水浴療法は一体どこに有効なのでしょうか?

実際問題、アトピーの患者さん本人は5の段階に至るまで自分がアトピーだとはわからないものです。

ですから実際に海水浴療法を受けるのも5の段階の方たちだと思うのですが、これは正直、危険です。


まず、紫外線による刺激、そして痛んだ肌が塩水で受ける刺激、
どちらも皮膚に炎症を引き起こすことでしかありません。

活発化した免疫活動をさらに活発にする、そういう刺激を与えます。

メリットがあるとは思えない。



メリットがあるとすれば、毎日海水浴することで体力がつくことと、
かゆみは痛みに変わってコントロールしやすくなるかもしれないことです。
紫外線を避けるように早朝か夕まず目の海水浴ならいいかもしれません。

それと、シャワーを嫌でも頻繁に浴びるので、それによる保湿は効果があるかもしれませんね。


それ以外にはメリットを感じられません。



ですがもしも、1〜3の段階であれば、海水浴で新陳代謝を活発にすることで、痛んだ皮膚の再生を促すことができて、結果としてよくなるかもしれませんね。



ともかく、私は海水浴治療方法はあえては、勧めません。



posted by atopydoc at 00:20 | 日記

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。