アトピー性皮膚炎の痒みを止める薬:抗ヒスタミン剤はどうなの?
アトピー性皮膚炎の痒みを止める薬といえば代表的なのは、
第一選択は弱いステロイド外用薬です。

これは世界的に共通する治療方法です。

ですが、日本では異常にステロイドを恐れる方が多くて、
病気そのものが悪化しているのをステロイドのせいにして大騒ぎしたりするので、使いにくい薬です。

(たとえば毛虫に刺されてすぐにステロイドを塗ったら、
 毛虫のかぶれが軽く終わって医者としてはOKなのに、

 その子供のお母さんは

 「先生に言われてステロイドを塗ったらひどくなった!
  いやなのに我慢して塗ったのにひどいじゃないですか!
  どうしてくれるんですか!」

 と、ねじ込んできたりします。

 塗らなければもっとひどくなったところがこれで済んだ、

 とは思っていただけないのですね。┐(-。ー;)┌

 「ステロイドは副作用のある恐ろしい薬」

 という概念で洗脳されています。)

ちなみに、市販の痒み止めのほとんどにも
ステロイドは入っているのですが・・・。


ということで医療側も無用なトラブルを避けようとして
いろんな皮膚疾患に対して
第一選択であったとしても、ステロイドを使いたがりません。

わざわざ機能の落ちる薬を使います。変なご時勢です(笑)。


で、ようやく抗ヒスタミン剤です。
花粉症に対しては対症療法としてこれが第一選択ですね。
これに対しては誰も文句言いません。(笑)

抗ヒスタミンがなぜ痒みをとめるかというと、

ヒスタミンはアレルギー症状に伴って局所で放出され、
ヒスタミン受容体に作用して
毛細血管拡張や血管透過性亢進によって、
浮腫、膨疹、掻痒惹起を引き起こすのです。
つまり痒みの原因物質とも言えるわけです

このヒスタミンの作用を抑えるのが
抗ヒスタミン剤というわけですね。

これは風邪のときの鼻水や咳などの症状も抑える効果があり、
総合感冒薬にはよく入っています。


ですが、皆さんご存知だと思うのですが、
この風邪薬に入っている抗ヒスタミン剤、
副作用は眠くなることです。

この成分だけを利用して
「ドリウェル」
という睡眠導入剤が販売されているぐらいです。

また、注射薬は手術前の睡眠導入剤として
「アタラックスP」
なるものがよく使われます。


で、ともかく副作用で眠くなるので
この薬を飲みながらの仕事なんてやってられません。


幸いなことに最近は第2世代が出てきました。
これらでは眠くなる副作用は少ないです。
これは第1世代が脂溶性であるのに対し、
第2世代は脂溶性を低く抑えることができたので
血液脳関門を通過せず、脳に作用しにくいことが理由です。


う〜ん、今回も脱線が長いぞ(^-^;


ま、ともかく、抗ヒスタミン剤はアレルギーの痒みを
抑えてくれるのはまちがいありません。
でも、アトピー性皮膚炎に対してはあんまり効果はないことが多いです。
劇的に効く人もいますが、効かない人もけっこう多いです。
同じ薬理作用のはずなのに、会社や製剤によっても
効き方が違う、これはアトピー性皮膚炎の病態が
多様であるということの裏返しかもしれません。
つまり運がよければ効果的です。

使ってみなければわからない抗ヒスタミン剤。
平均的なことを言うと、投与しないよりはましという程度(^-^;。

こんなこと書くと使ってる方々から非難ごうごうかもしれませんが、
ステロイドに対して体質の問題で使えない人や、
すでに他の病気で内服していてこれ以上使えない、
という人に対する代用薬的に本来は、
アトピー性皮膚炎に対して使われるべき薬だと私は思っています。


なんかアトピー性皮膚炎と関係ないことたくさん書いちゃったな。。。


posted by atopydoc at 15:09 | 日記

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。